【動画】キタ神ブラッ神を3枚抜きするまでリセマラ

【動画】キタ神ブラッ神を3枚抜きするまでリセマラ

「ゆいさん、、、それは、、、」
「違う。俺の事は今日からトレーナーと呼びなさい」

プール横の更衣室、俺はミークにそう言った。
桐生院葵は俺が理事長に頼んで地方に飛ばしてもらった。なんてったってURA優勝を二回もしてるトレーナーたってのお願いだからな。二つ返事だった。
あの女は俺が担当ウマ娘二人に手を出していると嗅ぎまわり始めたからな、、、色々面倒見てやったのに馬鹿な女だ。

「どうした。早く着替えないか」

ミークが手に持つのは旧式のスクール水着。わざわざ取り寄せた逸品だ。

「え、えと、、、」
「俺がいるからか?性別なんてトレーナーとウマ娘にとっては関係ないだろ?早くしないとトレーニング出来ないじゃないか」

「なんかトレーナーさんいつもと違う、、、ちょっと怖い、、、」
「そりゃ違うさ。桐生院さんや君とは今までは友人だった。でも今日からは違う。理事長も言ってたろ?俺とミークの今後を期待してるって。今日から俺は君のトレーナーだ」

「わかった、、、」

そう言ってミークはジャージを脱ぎ、、、頬を染めながら下着に手をかけた。

(フフフ、、、さあ第二幕の始まりだ!)

 to be continued….