ピルの服用が出来ない女性もいる?

ピルは正しく使用すればほぼ完璧に避妊する事が出来る経口避妊薬として良く知られていますが、中には服用出来ない女性もいます。

では具体的にどういう人が服用出来ないのかというと、まずは乳ガンや子宮ガン、子宮頸ガンといった女性ホルモンであるエストロゲンが関わっているガンの疑いがある人です。
ガンではなくても子宮筋腫等エストロゲンが関係している病気もいけません。
つまり女性特有の病気や子宮関係の病気の人は服用出来ない可能性が高いです。

またピルの成分の一つであるエストロゲンには血管内で血液を固まりやすくする作用がある為、過去に血栓症の病気にかかった人も服用する事は出来ません。
何故ならピルを服用する上での最大のリスク要因は血栓症だからです。
その為過去に血栓症になった人や血栓症の人が飲んでしまうと症状を悪化させてしまう恐れがありますし、血栓症のリスクが特に高まる40歳以上の女性も原則的に服用する事が出来ません。

他にもあまり知られていませんが、タバコを吸っている人も服用してしまうと血栓症のリスクをより高めてしまうので特に40歳以上で一日に15本以上吸う人は控える必要があります。
しかし禁煙をすれば飲む事が出来ますので、服用を考えている人は禁煙をすれば問題ありません。

あと妊娠していたり、妊娠の可能性がある人も飲めませんし、出産後の授乳中の人も駄目です。
それ以外にも手術後間もない人も血が固まりやすくなってしまうので控えた方が良いですし、もちろん思春期前の子供や重度の肝障害がある人、性器からの不正出血がある人、高血圧の人や肥満の人も服用は出来ません。
さらに家族に乳ガンや血栓症を経験した人がいる人や、乳房にしこりがある人や糖尿病の人、過去に心臓や腎臓の病気を経験した人も控えたほうが安心です。

このようにピルを服用出来ない人は意外と多いので、もし服用を考えている場合はまず自分が大丈夫かどうかを確認する事が大切です。

女性の喫煙は肌への悪影響も大きく出てしまう

女性が喫煙する事で体内に様々な影響を及ぼします。
それはガン等の大きな病気だけではなく、肌への影響は特に大きいです。
タバコは吸い続ける事で、体内のビタミンCが破壊されてしまいビタミンC不足になります。
ビタミンCはシミの原因にもなるメラニン色素が生成されるのを防いだり、肌のハリに必要なコラーゲンを作る手助けをしてくれるので、これが不足すると大変です。

またニコチンの影響で血管は収縮し、肌全体に酸素が行き届かなくなり血行が悪くなる事で顔の特に目元や口周りのシワは深く刻まれ、唇もかさかさに乾いて荒れて、歯もヤニによって黄色く変色して口臭もきつくなります。
皮膚はたるみ、毛穴も開き、目の下にはクマも出来、その結果実年齢より老け顔になってしまいます。

何故喫煙はこれほど肌に悪影響を及ぼすのかというと、タバコに含まれている成分が理由です。
タバコにはニコチンやタール、一酸化炭素といった有害物質が沢山含まれていて、喫煙する事によって体内に活性酸素が増え細胞を傷つけ酸化させて、シワやシミ、たるみを作り出します。
体内の活性酸素を除去するにはビタミンCが必要なので、そちらにビタミンCがまわされてしまうと肌の方まで行き届かなくなり、その結果肌が荒れるという結果になります。

さらにタバコを吸うと血管が収縮するので、血流も悪くなり体の隅々まで栄養を運ぶ事も出来なくなり、当然ビタミンCも不足してニキビや吹き出物が増え、肌も乾燥してカサカサになってしまうので注意が必要です。
それ以外にも女性ホルモンのバランスも悪くなり、しっかりと体全体に女性ホルモンが分泌出来なくなりさらに肌の潤いは失われていきます。

このように喫煙を続けていると肌への悪影響が大きく老け顔になってしまうのでなるべく早く禁煙に踏み切る事が賢明です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ピルは正しく使用すればほぼ完璧に避妊する事が出来る経口避妊薬として良く知られていますが、中には服用出…
  2. 昨今、日本でもアフターピルというものがあることが知られるようになってきました。通常は避妊目的で服…
  3. きちんと避妊をしていたつもりでも、何らかの原因で失敗してしまうということは少なくありません。そん…
ページ上部へ戻る