トリキュラーは負担をかけず避妊が出来る低用量ピル

トリキュラーはいくつか種類のある経口避妊薬のなかでも低用量ピルと呼ばれる薬になります。
この薬の有効成分は、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルです。
同じく経口避妊薬である超低用量ピルとは、含まれている黄体ホルモンの種類が異なります。

低用量ピルであるトリキュラーには、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスよく含まれていて、身体に負担をかけずに避妊をすることができます。
低用量ピルや超低用量ピルを飲んだ場合、排卵が抑制されたり、子宮内膜や子宮頚管粘液の状態が変化することで、受精を防ぐというメカニズムになっています。

低用量ピルや超低用量ピルは、ほかの経口避妊薬とは避妊のメカニズムが異なっています。
これらの薬を飲んでも、飲用直後の消退出血は起こりません。
不定期な消退出血を何度も繰り返すことで、女性の身体には強い負担がかかってしまいますが、トリキュラーにはこうした副作用がありません。

トリキュラーを飲んだ場合、有効成分のエストラジオールとレボノルゲストレルが脳下垂体に働きかけることによって、性腺刺激ホルモンの分泌が抑えられることになります。
そうすると、卵胞が発育しなくなるために排卵が起きなくなるほか、子宮内膜の増殖も抑えられることになるのです。

排卵が起こらなければ、卵胞が精子と受精する機会が失われるため、妊娠の可能性はなくなります。
子宮内膜の状態も変化するので、もし仮に排卵と受精が起きたとしても、受精卵が着床しにくくなるため妊娠しにくい状態を保つことができます。
また、子宮頚管粘液の性質が変化することで、精子が子宮内に入りにくくなります。

トリキュラーは、これらの相互作用によって望まない妊娠を防ぐ薬となっています。
この薬を飲んだ場合、99.9%くらいの確率で避妊効果が得られるとされています。
これは、ほかの傾向避妊薬を使用したときとくらべても高い割合です。
トリキュラーを飲めばまったく妊娠しないというわけではありませんが、ほぼ100%に近い割合で妊娠を防ぐことができます。

トリキュラーの服用方法を解説

トリキュラーは、飲み続けることによって女性が妊娠しにくくなる状態を作り出す薬です。
そのため、飲んだ直後のタイミングで避妊効果が得られるわけではありません。
トリキュラーを使用する場合、飲み始めてから1週間くらい経つと十分な効果が期待できるとされています。

この薬には2種類の服用方法があり、トリキュラー錠21とトリキュラー錠28で飲み方が変わってきます。
トリキュラーを使って避妊をしたいと考えている人は、どちらか服用しやすいほうを選ぶようにしましょう。

トリキュラー錠21は、1日1錠ずつを毎日同じ時間に飲むようにし、これを21日間繰り返します。
その後は7日間の休薬日をもうけます。
この28日間を1クールとし、生理による出血が続いているか終わっているかにかかわらず、29日目からは次のクールの薬を飲むようにしてください。

トリキュラー錠28は、1日1錠ずつを毎日同じ時間に飲むようにし、これを28日間繰り返します。
こちらの薬には7日間の休薬期間はありません。
この28日間を1クールとし、生理による出血が続いているか終わっているかにかかわらず、29日目からは次のクールの薬を飲むようにします。

トリキュラーを飲み始めるタイミングはいつでもかまわないのですが、生理が来るタイミングに合わせて飲むようにすると良いでしょう。
生理が始まった日から1錠ずつ飲み始める方法や、生理が始まった次の日曜日から飲み始める方法、すぐに薬を飲み始める方法などがあります。
いずれにしても、最初の1週間くらいは避妊効果がないので、別の方法で避妊をする必要があります。

トリキュラーを服用する場合には、飲み忘れがないように十分に気をつけなくてはいけません。
飲み忘れたのが1錠であれば、気づいた時点で1錠をすぐに飲むようにします。
2日以上飲み忘れてしまった場合には服用を中止し、次の1クールから再び服用を再開するようにします。
なお、薬の飲み合わせによっては副作用が出たり、効果を弱めてしまうこともあるので注意するようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ピルは正しく使用すればほぼ完璧に避妊する事が出来る経口避妊薬として良く知られていますが、中には服用出…
  2. 昨今、日本でもアフターピルというものがあることが知られるようになってきました。通常は避妊目的で服…
  3. きちんと避妊をしていたつもりでも、何らかの原因で失敗してしまうということは少なくありません。そん…
ページ上部へ戻る