アフターピルの1種、アイピルについて

昨今、日本でもアフターピルというものがあることが知られるようになってきました。
通常は避妊目的で服用する場合、先に飲んでおくのがピルの正しい使い方ですが、アフターピルは女性ホルモンを増やす目的で使います。
女性ホルモンを急激に増やすことによって、人工的に生理を起こさせることができるからです。

中でもアイピルは安全性が高く、副作用があまりないことから人気があります。
女性が望まない妊娠で心と体を傷つけることになることを考えると、アフターピルの利用は女性の心と体を守るためのお守りのような薬ともいえるでしょう。
アフターピルを処方するレディースクリニックは増えてきつつありますので、アイピルを処方してほしいと言えば、おそらく処方してくれるはずです。
アフターピルがどういうケースで使われるかは、医師がいちばんよくわかっていますので、なぜ処方が必要なのかという理由を聞くことなく処方されるでしょう。

ただし、かかりつけ医として婦人科を持たない女性も多くいますので、アフターピルだけを処方してもらいに医療機関にいくのはためらわれることが多いのも事実です。
そのようなときは、個人輸入を利用して手に入れるという方法があります。

そもそもアイピルは海外の製薬会社が作っているお薬なので、医療機関で処方されるのと同じ薬がネットで購入できます。
海外ではネットで薬が販売されているのが当たり前であることから、業者が間に入り、代わって海外サイトから購入したものを販売してくれる、個人輸入という方法があるのです。
これを利用すれば、いざという時の備えとして置いておけますし、医療機関に行って、アイピルだけを処方してもらいたいと申し出る必要もなくなります。

アフターピルというのは避妊に失敗したと感じたら、すぐに飲む必要がある緊急性の高い薬であることを考えると、常備薬として持っておくくらいの用意周到さがなければ、女性が自分で自分の身を守ることはできないと考えられます。

アイピルの効果を発揮する正しい服用方法について

アフターピルの効果を発揮させるには、正しく服用しなければなりません。
そのために知っておきたい服用方法がいくつかあります。

まず、避妊に失敗したと感じたら、72時間以内に飲むことがこの薬の服用方法の鉄則です。
72時間を過ぎた場合には効果が出ない可能性がほとんどですし、さらには時間の経過と共に避妊の成功率が薄れていくことも覚えておく必要があります。
そのため、失敗したかもしれないという不安があるのなら、一刻も早く飲むことです。
服用は一回一錠で素早く飲めるようになっていますから、不安がある時はとりあえず早く飲むと覚えておくのがいいでしょう。

アイピルは比較的副作用が少ない安心して飲めるお薬ですが、それでも薬である以上は副作用があります。
もっとも多いのは吐き気ですが、服用後の3時間は吐き気が襲ってきても我慢して吐かないようにすることが求められます。
吐き気を抑えるには、胃の粘膜を守る牛乳を服用後に飲むか、空腹時に吐き気をもよおしやすいことから、食後に飲むなどします。
また、飲んですぐに寝てしまうことで、うまく眠りにつけたら薬を吐かずに済む可能性が高くなり、おすすめです。

アイピルはアフターピルという特殊な作用をもたらすための薬ですので、頓服としての服用になりますから、副作用をもたらさないような飲み方をして、しっかりと体の中に有効成分をとどめ、効果を発揮させることが重要と言えます。
そのためには、アイピルの効果を薄れさせる可能性がある薬はどれかを知っておき、自分がそうした薬を服用していないかをあらかじめ調べておくことも大事でしょう。
食べ物ではビタミンCの摂りすぎにより、血栓ができやすくなりますので、服用した時には食べ物にも注意が必要です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ピルは正しく使用すればほぼ完璧に避妊する事が出来る経口避妊薬として良く知られていますが、中には服用出…
  2. 昨今、日本でもアフターピルというものがあることが知られるようになってきました。通常は避妊目的で服…
  3. きちんと避妊をしていたつもりでも、何らかの原因で失敗してしまうということは少なくありません。そん…
ページ上部へ戻る